写真店成功事例
HOME 事業・サービス紹介 イメージング事業 写真店成功事例 若い女性をターゲットにし、来客数が前年比130%! - カメラはスズキ ジョイナス店様 -

若い女性をターゲットにし、来客数が前年比130%! - カメラはスズキ ジョイナス店様 -

(2099号 平成25年10月11日発行分より抜粋)

【店名】
カメラはスズキ ジョイナス店(横浜)

【ロケーション】
駅ビル店(周辺に大型量販店あり)

【ポイント】
若い女性客を増やし、来客数増(前年130%以上キープ)

【店情報】
1. 4年前にフォト雑貨型店に改装
2. 当初は男性シニア層アドアマが中心
3. フォト雑貨とプリントの提供は横浜駅周辺で「カメラはスズキ」のみ

【ポリシー】
フォト雑貨型店は一日にして成らず
⇒社員もアルバイトも同じ商品知識
⇒お客様の要望を断らない
⇒分からないことをなくす
⇒女性が入りやすい店は男性も入りやすい
 女性が彼氏や旦那を連れてくる

【施策】
1. 連絡帳で情報を共有化
2. 事例をまとめた"スキルノート"を活用
3. 若い女性にも対応できる店作り

【ディスプレイ】
・フォト雑貨とプリントに埋もれた店
⇒天井にも洗濯バサミではさんだプリントをつるすなど(写真右)

【人気商材】
1. レンタルカメラ(D一眼レフ、ミラーレス、チェキ、ビデオカメラ)
⇒チェキを中心に台数増。週末になるとレンタル機のほぼすべてが貸し出される。
2. 分割プリント(写真下)
⇒若い女性に人気、中でもチェキサイズが人気。チェキサイズはLサイズにフチありを2画像プリントするもの
⇒スマホ客の利用率高い。「スマホプリントは1枚からだがフォト雑貨販売に繋がる。

3. 年賀状印刷
⇒富士ゼロックスC3360を使用。印画紙ポストカードの簡易貼付け機を導入して印画紙タイプも短納期に対応。
⇒アルバムカフェのマスキング活用を提案。
⇒中央郵便局に大量の注文用紙を置いて店舗への誘導を図る。

今年も前年比2桁増を達成するための仕込みを終了。一年間の客数増を年賀商戦の売上増につなげる。